PD

快適な住まいづくり

ー安全で、動きやすく

住まいはリハビリを兼ねてからだと頭を鍛える場でもあります。大切なのは「歩きやすい」「転びにくい」こと。ここでは安全で快適な住まいづくりのポイントを紹介します。

室内

手すりの設置

手が届く範囲に手すりを設置すると動きやすく安全です。

家具の配置

つかまることができる家具があると便利です。

寝室

寝起きも楽なので、ふとんよりもベッドが理想的。
手すりや柵なども設置しましょう。

段差をなくす

室内でつまづかないように、敷居やじゅうたんのへり等、段差をできるだけ少なくすることが大切です。

階段・廊下

手すりの設置

できれば両側に。滑り止めも付けましょう。

テープで目印

階段や廊下等に等間隔にテープを貼っておくと歩く目安になります。

足元灯

階段や廊下は足元を明るく。部屋は暗い場所をつくらないことが大切。

トイレ

洋式トイレ

しゃがみやすい洋式トイレが理想的です。手が届く範囲に手すりを設置すると動きやすく安全です。

ドアはロックしない

中で動けなくなることもあるので、できたらドアはロックしないこと。浴室も同様です。

手すりの設置

できればL字型のものに。座っているときは横てすり、立ち上がるときは縦の手すりが使えるので便利です。

浴室

手すりの設置

できればL字型のものに。座っているときは横てすり、立ち上がるときは縦の手すりが使えるので便利です。

マットを敷く

浴室は滑りやすく転びやすいので、洗い場、浴槽内にそれぞれゴム製のマットを敷くとよいでしょう。