PD

運動症状

パーキンソン病には手足のふるえなどの「運動症状」と睡眠障害、うつなどの「非運動症状」があります。また、これらの症状と似ていますが、パーキンソン病と間違えやすい「パーキンソン症候群」もあります。こちらでは「運動症状」についてご紹介します。

運動症状(代表的な4つの症状)

振戦(手足がふるえる)

パーキンソン病の運動症状「振戦」

主に手足にふるえが起こります。

  • 左右どちらかの手足から始まります。
  • 1 秒間に4 〜6 回ぐらい規則的にふるえます。
  • 何もしていないときにふるえるのが特徴です(安静時振戦)。睡眠中は止まり、動作をするとふるえます。
  • 手の指先が丸薬(ピル)を丸めるような特有の動きをします(ピル・ローリング)。

筋強剛(固縮)(筋肉がこわばる)

パーキンソン病の運動症状「筋強剛」

無意識のうちに、筋肉がこわばり、スムーズに動けなくなります。

  • 自覚症状がほとんどありません。
  • 無理に動かそうとすると、カクカクとした動きになります(歯車現象)。
  • 鉛の管を曲げるときに感じるような関節の抵抗が続く
  • 「鉛えんかん管現象」もあらわれます。

無動(動きがゆっくり)

パーキンソン病の運動症状「無動」

体の動きがゆっくりとなり、動けなくなります。

  • 一つの動作をするまでに時間がかかるようになります。
  • 運動が少なくなります。
  • 小さな動きしかできなくなり、動きが緩慢になります。

姿勢反射障害(姿勢を保てなくなる)

パーキンソン病の運動症状「姿勢反射障害」

体のバランスが悪く、倒れやすくなります。

  • 発症の初期にはあらわれにくく、病気が進行するとあらわれます。
  • 体が傾くと元の姿勢に戻りにくくなります。
  • 姿勢を保てないので転びやすくなります。