副作用対策・卵巣欠落症状

卵巣欠落症状に対するマネジメントで良い方法はありませんか?
  • ホルモン補充療法が有効な場合があり、経口剤、経皮吸収剤などさまざまな対応があります。しかしながら、乳がん等の既往、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞等の既往がある患者さんにおいては、注意を要することもありますので、担当の医師に相談してください。
  • 対症療法として、有用な選択肢となり得るサプリメントもあります。担当の医師にご相談ください。
  • ほてりなどの更年期症状には漢方薬が有効な場合があります。
  • 性交痛に対しては腟に塗る保湿剤、潤滑ゼリーなどがあり、市販されているものもあります。
  • メンタル面の不安、抑うつなどお困りのことも多いと思います。まずは担当の医師にご相談いただき、薬物療法を試みることも選択肢になります。

島田 宗昭 先生
東北大学大学院医学系研究科 婦人科学分野 准教授

卵巣欠落症状による脂質異常症や動脈硬化、骨粗鬆症が心配です。どのような食事をすれば良いですか?
  • 卵巣欠落症状発症の原因には、自然閉経や更年期、および未閉経女性が手術で両側卵巣を摘出することによる手術閉経の他、卵巣毒性を有する抗がん剤の投与による卵巣機能抑制に起因するものがあります。
  • 適度な運動や、暴飲暴食および過食の節制、コレステロール値の高い食事を避けること、また牛乳や大豆製品、小魚などカルシウムを多く含む食品を摂ることなども大切ですが、食事だけで諸症状を管理するのは難しい場合もあります。
  • 特に手術閉経によるホルモン失調については、二次性疾患の発症防止の面から積極的な管理が勧められています。このため状況に応じてホルモン補充療法の適用が考慮されることがあります。婦人科がん治療後のホルモン補充療法に関するリスクやベネフィットについては担当の医師にご確認ください。

渡部 洋 先生
東北医科薬科大学医学部 産婦人科学教室 教授

卵巣欠落症状により体温調節が難しいです。体温調整の良い方法はありませんか?
  • カーディガンなど脱ぎ着のしやすい服がおすすめです。
  • ほてりなどの更年期症状には漢方薬が有効な場合があります。
  • 首や脇に保冷剤をあてるとほてりが落ち着きます。

島田 宗昭 先生
東北大学大学院医学系研究科 婦人科学分野 准教授

その他の質問を見る

教えてドクター Q&A TOP へ戻る

みんなの声 TOP へ戻る

よく見られている記事